【mix犬とらじ君・一時預かり・里親さん募集中】2018/4/15
亡くなった飼い主さんに7日間付き添い、護っていた忠犬ワン!
高齢者飼育放棄緊急レスキュー
●No【d-180413-6】とらじくん
● 犬 種 :mix
● 性 別 :オス(♂) 2018/4/12去勢手術済
● 年 齢 :推定12歳(2006年ころの生まれ)
● 毛 色 :黒白
● ワクチン等:2018/4/12混合ワクチン6種接種済。
● 1頭飼い希望します。
● 屋内飼育
● 65歳位までの方(同居のご家族に65歳までの方がいる方に)
● 保護先:岩手県雫石町にある保護施設。(面会は、アンケート審査後になります) 
 犬の一時預かり(ボランティア)さんとは
犬の所有権は当いのちの会にあります。病院での治療費・療法食等は当会の負担です。
自分の愛犬のように愛情をそそぎ、貰い手(里親)がみつかるまで飼育をして頂いております。
飼育環境等整った方に託していますので、ご自身が里親にと希望される場合は優先して譲渡します。

      
● 特 徴 :おれは”とらじ”
大好きな飼い主さんは、お返事をしないんだよ・・・
知らない人が来たぞ!
お・・おれ
飼い主さんを護らなくちゃ!
ウウーワンワン!

で・・・でも・・足先は痛いし・・・おなかが空いたし・・・;;
も・・もうだめワン・・;;
飼い主さん許してワン;;

”とらじくん”は、孤独死してしまった飼い主さんの側で、
1週間番をして護ってきた忠犬です。
飼い主さんが亡くなったのをしってお家に入ろうとした人を
威嚇して側に近づけまいとしましたよ・・

でも・・・1週間何も食べずにいたので
ふらふら…で、体調不良でした
 
 
お手入れもほとんどしてもらえていなかった様子・・
爪が伸び放題で、さわられると痛みで暴れますよ
お散歩も満足にしてもらえなかったようです・・
 
”とらじくん”は保護され、健康診断を受けましたよ。
衰弱していたので心配しましたが、体調不良なだけ!
ちょっぴり怖がりサンだったことも判明!

去勢手術を受け、混合ワクチンを接種し
長く伸びた爪をカットしてもらいました。
キレイにカットしましたら、痛みもなくなって
すっかり落ち着いて穏やかなワンちゃんになりましたよ。
 
 
施設には180匹の猫達と30頭の犬達がいて
シニアで、家庭で過ごしてきた犬には騒がしく落ち着きません。
シニア犬で、けっして若くはありませんが
とても忠義な”とらじくん”です。
のんびりゆったり飼育していただける里親さん・一時預かりさんになってあげて下さいね。
犬を飼いますには、「可哀想・・」「可愛い・・」だけでは飼育できません。
屋内飼育は、交通事故や、犬への虐待等から愛犬を守ります。
犬の生態を考慮して犬の健康を考えて飼育することが
飼い主さんの本当の愛情ですよ。

犬は、保健所へ登録の義務があります。
他の動物へうつさないよう、もらわないように
狂犬病ワクチンを打ち、混合ワクチンを打ち、フィラリア予防をして飼いましょう。

狂犬病は致死率100%のとても怖い病気です。
犬だけではなく、猫や人間、すべての哺乳類に感染します
日本では、全ての犬の飼い主さんには、「予防注射が義務」つけられています
中国・台湾・フィリピン等でも狂犬病が発生し猛威と戦っています。
決して違う世界の病気ではありません。

犬が人をかんだら、飼い主さんには必ず保健所へ届出る義務があります。
犬は法律を守って飼いましょう。

可愛い犬を、天寿を看取るまで
飼育する責任が、法的にもはっきり決まりました。

2013/9/1 動物の愛護と管理に関する法律が改正されました。
(改正動物愛護管理法)
この法律改正で、飼い主さんの「終生飼養」の責任が
法律上も明確にされました。

動物の所有者の責務として、動物がその命を終えるまで
適切に飼養すること(終生飼養)が明記されました。

改正動物愛護管理法により、
終生飼養の原則に反する引取りを拒否できるようになりました。
(繰り返しての引取り、老齢や病気を理由とした引取り等)

愛護動物をみだりに殺傷・遺棄することは犯罪です。
改正動物愛護管理法により、罰則が強化されました。
(みだりな殺傷…200万円以下の罰金等、遺棄…100万円以下の罰金)。
繁殖を望まない場合の犬の不妊手術は、飼い主さんの義務ですよ。
必ず不妊手術を受けさせましょう。
飼えなくなったら、貰い手を探しましょう。

犬との生活は、多くの喜びや癒しを与えてくれますが、
毎日の世話は想像以上に大変です。
食事、運動、散歩、お手入れも・・・
雨の日も風の日も、晴れの日も雪の日も、
飼い主さんに熱があっても・・・毎日朝夕欠かすことはできません。

時には病気や怪我をすることもありますし、
老犬は人間と同じ介護が必要になる場合もあります。
言葉が通じない分、人間より手間のかかる家族が一人増えると思ってくださいね。
ですから、犬を飼う際は家族全員の同意が必要ですよ。

今どきの犬は、昔と違い寿命も倍に伸びています。
犬は平均15年前後生きますよ。

岩手県民の「健康寿命」は男性71歳 女性74歳です。
それから平均寿命までの約10年間、元気ではない状態で生きることになりますよ。
※ 健康寿命=日常的に介護などを必要とせず健康で自立した生活ができる期間

この犬を責任を持って家族に迎えますには、65歳前後位までがお勧めです。

ご自分の年齢と健康に足し算をして 
この子の天寿までご自分が看取ってあげられる。
費用も払ってあげられますなら 
”とらじ君”をどうぞ家族に迎えてあげて下さいね。 

里親さんが見つかるまでの間なら、預かり一緒に暮らせる。
犬の一時預かり(ボランティア)さんも募集します。

里親に関する問い合わせは、
「お見合い 譲渡の前に」を先にご覧くださいね。
モデルはすべて、会で保護した犬猫です。 保護施設、一時預かり宅での可愛いショット満載。

【カレンダーの購入でこんな援助ができます。】
* 1冊で1匹あたり6日分の餌代になります。    * 5冊で基本健康診断ができます。 
* 10冊で2回分のワクチン代になります。 
* 20冊で1匹の不妊去勢手術費用になります。 
 

お問い合わせ先

 

☎ 019-692-5920

FAX 019-691-1771

迄お願いします。

☎対応時間11:00~15:00

 FAX 24時間受信可

お問い合わせは

お問い合わせページから

TEL対応時間帯であっても動物のお世話等でお受けできない場合があります。ご理解の程お願い致します

 

譲渡会開催中

動物いのちの会いわてでは、新しい里親(飼い主)さんを募集する定例譲渡会を開催しております。
 
アニマルドネーション
「キモチをカタチに」人と動物の豊かな社会を目指す寄付サイト
「動物いのちの会いわて」は、アニマルドネーションの寄付先団体です。 
寄付先を「当会へ」指名してくださいね。
 

岩手大学・いのちのサークル「ねこの手」

 岩手大学の公認サークル!
アニマルシェルターでのボランティア活動、各種イベントへの出展や、学内での地域猫活動等を行っています。
当いのちの会シェルターの頼りになるボランティアさんです。