問い合わせはお問い合わせページからお願いします

はじめに、ご希望の犬猫がまだ譲渡されていないかどうかを確認下さいね。
 

「里親さんアンケート」(プリントして、写メ添付・電話faxで送信下さいね)

100匹子猫の譲渡会!みんにゃで来てニャ!

お願い!(注意!)
マスコミ等でも周知と思いますが、東京の猫カフェで、「猫パルボ」で5匹死亡する事態が発生しました。
混合ワクチンを未接種の仔猫にとってはほぼ100%「死」に至る恐ろしい感染症です。
当会の保護シェルターでも、この報道を受け、感染予防の消毒をより強化徹底しました。
参加する子猫達は混合ワクチンを済ませていますが
同日会場の「はしご」や、他団体・他店舗・猫喫茶等の「はしご」危険なのでお断りします
当日は、希望の会場だけにおいで下さいね。
当日いきなりの保護猫の持ち込みも上記の理由で危険ですのでお断りします。
ご理解とご協力をお願いいたします。
生まれの赤ちゃん仔猫達100匹の募集開始です。 
仔猫は幼く、体力がありません。一番近い譲渡会会場へ参加します。
譲渡会は、同じ会場で2日間開催していますが、どちらか1日だけの参加です。
家族に迎えて下さいね。 
 

 11/17(土)11/18(日)  

100匹子猫の譲渡会(岩手県・県央保健所とのコラボ)

会場:岩手生協ベルフ牧野林店

時間:10;00~15;00

※ 県央保健所の収容猫や、個人で保護している猫も沢山参加します

※ 県央保健所収容猫についてのお問い合わせは直接県央保健所へお願いします。

 

 11/24(土)11/25(日)12/8(土)12/9(日) 

保護施設の定例譲渡会

譲渡会には個人で保護した猫達も参加します。

集合;13;00~13;10
場所;JR小岩井駅前の西側の駐車場集合
   時間まで待ち、全員一緒に会場へ車で移動します。
※電車参加の方等送迎が必要な方は事前に連絡をお願いします。 
※会場の駐車場が狭いので、ご家族様乗り合わせていらして下さいね。
 
見学会
ボランティア希望の方 、猫を飼いたいけど今回は見学だけしたい方へ
※ 見学は1時間以内でお願いします。
保護犬猫の生活の場です。体調のすぐれない犬猫も沢山保護しています。
15;00からは、犬の散歩、給餌、投薬、清掃で一番忙しい時間帯になります。
保護犬猫の生活のリズムを崩さないようにご協力をお願いいたします。
 
※電車参加の方等送迎が必要な方は事前に連絡をお願いします。 
※会場の駐車場が狭いので、ご家族様乗り合わせていらして下さいね。

 

 
 

 12/8(日)12/9(土)  

100匹子猫の譲渡会(岩手県中部保健所とのコラボ)

会場:岩手生協あうる花巻店・組合員ルーム

時間:10;00~15;00

岩手県中部保健所とのコラボ譲渡会です

※個人で猫を保護している方の猫ちゃんも沢山参加します!

 

犬の譲渡について

犬は、譲渡会当日には譲渡を行いません
現在里親さん募集中の犬は全てHP掲載しています。
譲渡の条件は、HP「里親さん募集中」に記載の通りです。

「里親さんアンケート」で飼育環境等が整っていると確認を済ませ、雫石町の保護施設へ複数回通っていただける方が条件になります。
複数回通って、犬と仲良しになってもらってから、お試し(トライアル)し、その後よければ正式譲渡になります
※ 花巻会場では、「里親さんアンケート」で飼育環境等の確認を行います。
・ 未成年の方・同棲中の方・繁殖目的の方への譲渡は行っておりません。
・ お一人暮らし・60歳以上の方は、保証人(一定の収入があり、60歳未満で、里親さんに万一の時は、猫を引き受ける飼育環境があり、同居の引き受ける約束ができる方)がいらっしゃれば譲渡可能な場合もあります。
・飼育環境等の整った方への譲渡になります。先着順ではありませんのでご理解をお願い致します
 

猫の譲渡について

は「屋内だけでの飼育(外には出さない)」が譲渡の条件です
・ 未成年の方・同棲中の方・繁殖目的の方への譲渡は行っておりません。
・ お一人暮らし・60歳以上の方は、保証人(一定の収入があり、60歳未満で、里親さんに万一の時は、猫を引き受ける飼育環境があり、同居の引き受ける約束ができる方)がいらっしゃれば譲渡可能な場合もあります。
・脱走防止策等、飼育環境等の整った方への譲渡になります。先着順ではありませんのでご理解をお願い致します

当日会場でのフードや物資のご寄付大歓迎です!

保護施設には30頭の犬&180匹の猫達が暮らしています。
フードや猫砂のご寄付も大歓迎です。
戴きましたお品は、早速、シェルターの保護犬猫たちがご馳走になり、
大切に使わせて頂いております。
本当にありがとうございます
活動の様子はブログをご訪問くださいね→
    「今日も犬猫緊急レスキュー中(ブログ)
 

譲渡会でのお願い

 
 当会では、犬猫を「無料」で譲渡しています。
国・県の指導に沿い、飼育環境が整った方へ譲渡しています。

譲渡の審査でお断りされてしまった!
なぜ・・
  
がっかりさせてごめんなさいね。
犬や猫は、小さいけれど、「心」をもった生き物です。
この先20年もの間、飼い主さんを信じ頼って一緒に生きていくのです。
一度悲しい思いをして保護されてきた犬猫達です
もう二度と辛い思いはさせたくありません。

当会では、「マッチング」を大事にしています。
ご希望の犬猫とは、別の犬猫をお勧めすることもあります。
赤ちゃん仔猫は、乳幼児のいるご家庭ではお世話が難しいです。
高齢犬猫には、静かなご家庭が!
高齢の方のいるご家庭には、元気すぎるやんちゃ仔猫は手あまし・・に。
受験生がいるお家は、猫にかまけて勉学がおろそかになりがち・・。
可愛いから・・だけでなく、保護犬猫の性格や飼育環境等にふさわしい
優しいご家族を引き合わせてあげたいと願っています。

お金をだせば、保護犬猫を譲渡する愛護団体(NPO等)もまだ・・ありますが、
小さな命は、お金で売り買いするものではない
というのが今の動物愛護・保護の主流の考え方になっています。

今迄、「協賛金」「負担金」等、内訳の不明なお金を強制的に請求してきた愛護団体は、保護犬猫を譲渡するネットのサイトからも淘汰されています。
この様に今迄は、使途不明な費用を請求してきた団体(NPO等)は里親さんに、保護犬猫に実際にかかった不妊費用・ワクチン費用・お届けにかかった交通費(実費)等を戴く等。
内訳の明確な費用(実費)だけをお支払いいただく形に変更せざるを得なくなっています。
当会では、この費用は一切いただいておりません

もし譲渡をお断りされた場合は、
今は、人にも犬猫にも飼いつづける事は難しいのだ!と考えてあげて下さいね。
無理して、我慢してこの先20年もの間一緒に暮らしていくことは難しいのです。
無理して飼って、最後に困って、保健所や他の方へ出したり譲ったりしてしまう事が無いようにお願いします。

今の飼育環境(家族構成・経済状況・住居の状態)が
犬猫を迎える環境になりましたら、いつでも譲渡いたします
長い人生、その時期は必ずやってきます。 どうぞご理解をお願いいたします。
 

トップ写真のにゃんこからのご挨拶にゃ!

 
ぼくは、キジ白トビ”のり(じろう)♥”
ごはんをくれる優しい人を見つけて、1か月毎日通ったんだよ!
ぼくは、ケンカに弱いんだ::
ケンカに負けて・・・なわばりを追われて・・
お腹を空かせている僕を見かねて助けてくれたんだよ(#^.^#)
美味しいご飯をおなか一杯貰って、病院で駆虫してワクチンもしてもらったにゃ!
・・・でも、僕はケンカに弱いから・・・猫エイズに感染してしまったんだ;;
 
お家には、先住猫がいて、人には感染させないけど・・・猫にはうつしちゃうんだって;;
一緒には暮らせニャいにゃ;;
 
僕、元気で甘えん坊だよ!
病気を発症していないから「キャリア(保因猫)」っていうんだって;;
僕を家族に迎えて下さいニャ!
 
譲渡会は、誰でも訪問大歓迎なんだよ
申し込みも予約もいらないよ

家族みんにゃでぼく達を迎えに来てほしいにゃ!

   - 猫代表 キジ白とび猫 のり君 -
 

譲渡会の問い合わせは「お問い合わせページ」から

  
 
問い合わせ等は、「お問い合わせページ」からメールをくださいね。
お電話でもお受けしますが、メールの方が確実です。
 
●譲渡会・里親希望等専用電話 「080-5741-3602

※ ごめんなさい;;保護猫のお世話・車で移動中ですぐに出られない場合。お手数をおかけしますが留守番電話に「メッセージ」を残して、5分後にもう一度お電話くださいね。 電話を受けられるようにお待ちします。 

参加する猫は会場によって違います
HP募集中の猫をご希望の方は、参加する会場を事前に確認くださいね。
 

飼い猫・個人で猫を保護されている方へ

  
当会は、個人で猫を保護されている方の猫の里親探しを応援しています。
(参加するには、事前にワクチン接種等の条件があります。
事前に電話で参加条件等詳細の確認お願いします) 
 
近隣で子猫を保護されている方、一緒に貰い手を探してあげましょう。
抱っこができて、お外へは出さない飼育方法の猫が参加の条件です。
参加する場合は、事前にワクチン等が必要です。
当日いきなりの持ち込みはできません。ご注意くださいね。

※ 当日のご相談(引き取り等):イベント参加のため、当日は込み合いますので、時間内の対応は難しいです。

● 譲渡会・里親希望等専用電話 「080-5741-3602

※ ごめんなさい;;保護猫のお世話・車で移動中ですぐに出られない場合。お手数をおかけしますが留守番電話に「メッセージ」を残して、5分後にもう一度お電話くださいね。 電話を受けられるようにお待ちします。 
 

無責任飼い主ゼロ宣言!

 
会では、「無責任飼い主0(ゼロ)宣言!」(環境省)指導に沿い譲渡しております。
譲渡費用は「無料」ですが、「飼育環境等整った方」への譲渡になります。
会では、飼育環境等が整いません場合や、飼育条件等にあいません場合は、「お断り」させてだいております。
いったん譲渡しましても、譲渡時のお約束違反!の場合はお返しいただきます。
ご了解をお願いいたします。
 

譲渡費用や譲渡の流れ

 
・譲渡に関わる費用は「無料」です。
・譲渡は先着順ではございませんのでご了承願います。 
  同日申込・飼育環境等が同じ場合は、先着順になります。
実際に一緒に暮らすご家族みな様で会いに来て下さいね。
  アレルギー等心配な場合は、実際に抱っこしたり触ってみると、くくしゃみや目の周りがかゆい・目が赤くなったりするのでわかりますよ。
迷子札(首輪)は必ず着用・・・当日注文・実費をいただきます(@700 @1080円:送料消費税込)。
  譲渡当日から1か月前後が一番逃がしやすい時期です。 
  譲渡時には「当会の迷子札」を着用しています。
  (後日、当会の迷子札・迷子首輪は必ず返却願います。)
飼育に必要なお品は各自準備下さいね。  
  猫(キャリー・猫砂・猫トイレ・爪とぎ・フード・お皿・猫用ベッド・ペットヒーター等)
  犬(クレート・リード・首輪・ペットシーツ・サークル等犬種による) 
 ※譲渡が決まった場合は、お連れ帰り用の 
キャリー(かご)・クレートと敷物(フリース)キャリーの上掛け用バスタオルの準備お願いします。
   猫用は、会でお譲りできるキャリー(かご)も準備してあります。
   (実費をいただきます:体重~5kg用 ・税込2800円)

・保護犬猫達の生活費(施設家賃・光熱水費・消耗品)・フード代金・治療費用・ワクチン・不妊代金等は、会員さんからの「年会費3000円」で賄っています。 
 ちなみに、犬を保護して里親さんがみつかるまでにかかる金額は「1頭あたり平均5万円」という目安が、各地の保護団体さんのこれまでの活動によりでています。(アニマルドネーションさんの調査結果より)
 譲渡費用はいただきませんし、スタッフは手弁当ですが、保護施設でのお世話スタッフは「有償スタッフ(パート)!」人件費が必須です。
保護活動はタダでは運営できません。 
次に保護されてくる子のためにもぜひ会員さんになって会の活動を支えて頂けましたら幸いです
「年会費3000円」は、保護猫1匹の1回のワクチン代金相当になります。

●譲渡方法
① 「里親さんアンケート」をご記入の上、飼育環境等についての面談・面接。
② 「アンケート審査(書類確認)OKの方」は、譲渡会・施設で犬・猫と実際にお見合い♥。
③ お見合いで「面談・面接」等OKの方は、その後に譲渡(トライアル)になります。
 ※ 犬は、何回か会いに来ていただき、ふれあってからの譲渡になります。
 ※成猫は、先住猫等がいる場合は2週間のトライアルになります。
※ 仔猫のトライアルは1週間。先住猫がいる場合に限ります。
 ※ アレルギー等の心配のある場合は、実際に犬猫にあい、ふれあって確認下さいね。
   施設のような多頭保護施設で、症状が出ますなら飼育は困難と考えて下さい。  
④ 「誓約書」=正式譲渡書類等にご記入手続きいただきます。
⑤ トライアルの場合は、1週間~ご自宅でお泊りをして実際に飼育可能かどうか判断いただきます。
 「大丈夫一緒に暮らしていける」場合は、正式譲渡に。
 「思った以上に大変等・・・アレルギーが出てしまった等・・」の場合は、お戻し下さいね。
  
猫は脱走対策等のお迎え準備があれば、当日から譲渡OK。 
犬は迎える準備が出来次第OK。
後日のお迎えは平日でもOK(事前予約)です。  
                        
● 飼育環境等が整った方へ譲渡します。
当会では、「環境省」「保健所」の指導、「動物愛護法」を順守して、譲渡しています。
飼育環境等が整いません時や、依頼主さんからの飼育条件に合いません場合は,、譲渡を「お断り」する場合がございます。 
募集内容に明記してありますのでご覧下さいね。    
飼育環境等が整いました場合は、譲渡いたします。      
                    
例 (今回は、譲渡できない場合)   

・ 未成年の方・同棲中の方・繁殖目的の方への譲渡は行っておりません。
・ お一人暮らし・60歳以上の方は、保証人(猫を引き受ける)がいらっしゃれば譲渡可能な場合もあります。
・ 引っ越しの予定がある(これからペット可住宅に引っ越します!等)
・ 転職・転勤の可能性がある
・ これから結婚する・出産する・妊婦さんがいる
・ 病気治療中・ご家族に体調の悪い方がいる
・ 仕事が忙しい(犬猫のお留守番の時間が長い)
・ 受験生がいる・現在求職中等でストレスが多い
・ 生活保護を受けている等 経済状況が不安定 
・ その子の募集内容(条件)に沿わない場合 
・ 当日アレルギー症状が出てしまった・・・
・ ご自身で希望する犬猫の天寿を看取ることができる年齢であること。


●申込者が犬猫を飼う「本人」であること。(代理の方への譲渡は行いません)   
  (お名前・ご住所等、ご本人を確認できる書類を拝見させていただきます。) 
●犬猫を飼育する本人(申請者)が20歳以上・犬猫を飼育できる収入があること。
  ※飼育費用は、犬は平均終身約200万~400万 
   猫は200万~300万飼育費用がかかります。
  ※本人(申込者)が60歳以上の場合や単身の場合は別途条件があります。
●犬猫を飼育可能な環境でペット可の住宅にお住まいの方。(貸家等・ペット飼育可の契約書等を提示下さい)
   猫は「完全室内飼い」。お外へ出さないための脱走対策が施工できる方  
   犬は犬種等により「屋外」・「屋内」と募集要項に記載の通り。      
●犬猫の逃亡・脱走防止対策をして下さる方(マイクロチップ・迷子札等着用、脱走防止用柵の設置等)  
 譲渡後に逃がした場合は、迅速に捜索等(迷子チラシ・必要な費用等の負担)ができる方。
●犬猫を飼うことについて、家族全員が同意していること。
●万一、結婚や引越し、老人ホーム入所、死亡等で犬猫が飼えなくなった場合、「代わりに飼育できる人」がいること。
  ※本人(申込者)が60歳以上の場合、単身の場合は別途条件有り。
●必要な医療行為を受けさせ、愛情をかけて「終生飼養」をしていただける方。
   必ず不妊(避妊・去勢)手術をし、毎年混合ワクチンをします。
  ( 高齢・健康上等の理由でDr.ストップの場合を除く)           
●仔犬は、1日6時間以上お留守番させない方。 
●犬は市町村へ「新規登録」をお願い致します。 
 (個人情報保護のため、既に登録済の犬の場合でも、元の飼い主さんがわからないよう、新しい飼い主さんは、「新規で登録」して下さい)
●トライアル(お試しお泊まり 1週間~)
 実際に飼育してみて様子を確認していただくシステムです。
・保護犬猫は人の気持ちにとても敏感です。 
トライアルできるから・・・ 
いつでもキャンセルできるから・・・等と安易に考えているのでしたら、
トライアルは犬猫の「人を信頼し愛する心」を傷つけますので譲渡はご遠慮させていただきます。
  この子を家族に迎えるぞ!!
  ・・・だけど、なかなか先住の犬猫に馴染んでもらえない;;
  ・・・家族にアレルギーが見つかった・・・;;
  ・・・想像以上にお世話が大変だった・・・;; 
こんな場合のための「トライアル制度」ですよ、無理せずにお戻し下さいね。
・仔猫・仔犬の場合は、「先住犬猫」がいる場合のみ、1週間に限ります。
・成猫・成犬は、なじむために、その子の性格にもよりますので、少し長めのトライアルもOKです。
「正式譲渡」後でも、数年後に飼育が困難になった・・・
上記のような場合は、他へ勝手に譲渡せずに一旦会へお戻しください。

●面談・面会と正式譲渡の時には
 「譲渡会」か「保護施設の開所時間内(11:00~15:00)」までに来ていただける方。 
※成犬は、何度か実際に犬に面会にきて、犬とコミュニケーションをとってもらえる方。
※その他の譲渡条件になりますのでご覧ください。
・仔猫・仔犬は原則「岩手県内在住の方」。(移動時間が仔猫・仔犬の負担にならないように)
・成猫・成犬は岩手県内・隣県市町村にお住まいの方(移動時間が犬猫の負担にならないように)            
● 譲渡後は、「1ヶ月後の報告はがき」と 「不妊(避妊・去勢)手術終了報告はがき」を提出いただきます。              
● 譲渡後の「困った・・・」には、「逃がしてしまった・・」「様子が変・・!どうしたらいいの・・・」「飼育面での困った・・・」等、飼育経験豊富な、犬の訓練士・動物愛護飼養管理士(ペットアドバイザー)等が一緒に悩み解決に応じています。 
● 譲渡後の家庭訪問等で、飼育のお約束「誓約書」に違反する場合は、即時お戻しいただきます。 
 ・犬猫に苦痛を与える飼い方をしている場合。 
 ・猫を家の中と外を自由に飼っている。
 ・犬を外へつなぎっぱなし、フンが散乱している。
 ・犬を屋内飼育、ベランダへ置きっぱなし、日よけや寒さ防止策も行っていない。
 ・理由なくワクチンや不妊手術・病気やけがの治療を行わない等。  
 

犬や猫が今保護されている場所を確認してくださいね

 
  ◎施設 (岩手県雫石町の当会保護施設におります) 
  ◎一時預かり家庭 (岩手県内外の当会の預りボランティアさんのおうち
  ◎依頼主さん (岩手県内の現在の飼い主さんのおうち) 
  ◎保護主さん (岩手県内の迷子等で保護された個人のおうち
                
当会は、「愛護団体」です。「ペットショップ」のようにいつでも好きな時に行けば、欲しい子がもらえるわけではありません。
譲渡可能な犬猫の多くは、個人の預かりボランティアさんや保護された方がそのまま預かっておられます。
譲渡担当スタッフは、皆本業(仕事)を持ちながらのボランティアです。
「譲渡会以外の日に」保護施設へ急においでいただきましても御希望の子には会えませんし、譲渡もすぐにはできません。

どうぞ譲渡会にいらして実際に犬猫とふれあい
ご縁の子に巡り合って下さいね。

譲渡会には、HP未掲載の子も、参加しますよ。
HP掲載中の犬猫の参加につきましては
その子の当日の体調や、預りボランティアさんのご都合にもよりますよ。
HPでご希望の子がおりましたら
事前に「里親さんアンケート」の提出をお願いいたします。

アンケートは、パソコンメール・電話FAXか郵送になります。
メールか「夜間専用電話」へ申し出をお願いたします。

会の犬猫は、「ご縁の子達」ですよ。
HPで、気に入った犬猫がおりましたら
どうぞ、早めに事前予約をくださいね。
 

譲渡会の日は仕事がある・・・方へ

 
土日はお仕事で・・・譲渡会には参加がむつかしい方に。
先に「里親さんアンケート」で、飼育環境等の確認を!
書類審査がOKでしたら、HP掲載のご希望の子と譲渡会以外の日に面談できますよ。
子猫は個人の預かり家庭におりますので、施設には希望の子がいないのです。
「猫の預かりさん」の日程と「担当スタッフ」と日程調整して面談日をお知らせします。
 

犬猫が欲しい方へ!施設訪問は、事前予約をお願いします!

  
ご理解とご協力をお願いします!
犬や猫が飼いたい!ほしい!
「今日はお休みだから・・・」「近くまで来たから」等、いきなりの施設訪問の場合は、当日の犬猫の介護やお世話に支障が出ます。
「犬猫200匹いる施設」だからといって、すぐに譲渡ができる状態の犬猫はとても少ないのです。

「ペットショップ」ではありません。 犬猫の「保護(治療)施設」です
すぐに譲渡できる体調の子の多くは「個人の預かりさんのお家に」お願いしております。
現在里親さん募集中の子は、全てHP「里親さん募集中」に掲載しております。
どうぞサイトをご訪問くださいね。

当会「保護施設」は岩手県雫石にあります。
世の中は、犬猫好きの方と同じくらい「犬猫嫌いの方」がおられます。
犬猫とボランティアさんの安全のため「住所非公開」にご理解とご協力をお願いいたします。
見学時間は「11時から15時まで」 
他の時間帯は散歩や給餌、清掃、治療やケア、通院の時間になります。
施設では沢山の犬猫が、補液や投薬塗布、包帯交換等の治療看病を受けながら暮らしています。二人かかりでの介護やお世話等、ケアに人手と時間がかかります仔が多いです。急な見学の対応で、通院予定を延期したりするケースも出ています。治療の時間をしっかり確保できませんと、治るものも治りが遅くなります。治療が済み元気になったこから、県内の「一時預かり」さんのお家に保護してもらっていますが・・・里親募集が遅れてしまう悪循環にもなってしまいます。 

出張譲渡会の日は、総出での運営です! 施設見学はごめんなさいね。
当会は、「代表」をはじめ譲渡会・フリマのスタッフは無償(ボランティア」ですが、保護犬猫の安定したケアのために施設スタッフは「有償スタッフ(従業員)」中心でお世話しています。
費用面の問題もあり、「施設」は、必要最小限の有償スタッフ(従業員)さん中心にボランティアさんとでお世話していますよ。
申し訳ありませんが、ご案内できる施設スタッフの人的ゆとりがありません。
毎日の通院の他、子猫や負傷犬猫、迷子捜索等の緊急レスキューが日々続出。
引き取り、保護。飼育相談の電話対応等で、お約束が難しい状態が続いています。
施設のスタッフは、8:30~18:00までの交代制勤務です。
☎相談・見学等で一旦作業が中断されますと、作業は一からやり直し、
投薬治療・強制給餌等・・・重症の犬猫も多く、自身の帰宅を30分・・・1時間・・・と遅らせてお世話しています。
帰宅が19:00・・・20;00・・・過ぎることもしょっちゅうです。
保護犬猫のケアにはどうしても一定の時間がかかります。省略ができませんよ。
結果、ボランティアさんの帰宅時間が遅くなり、ご家庭生活を不和にし、破壊してしまったり。体調を崩したり。
家族の理解も得られなくなってやめる・・・方が続いています。
ボランティアさんの確保ができずに困っています
人手が確保できない分は、「有償スタッフ(従業員)」を増員せざるを得ないのです。
平日にボランティアに入ってくださる方はなかなかおいでになりません。 
当会の運営上「人件費」はとても大きな比率を占めます。
当会は、最低賃金・労働基準法を遵守しています。 
「有償スタッフ(従業員)」さんがいきなりの見学者対応をしますと、超勤手当を支払います。
時間延長は人件費がさらに増え、運営上も更に負担が増える・・・悪循環になっています。 
保護したばかりの犬猫はその子がどのような子なのか、様子がわかりません。
恐怖を感じている犬猫の行動は予測できませんのでとても危険です。 
「ご自由にご見学をどうぞ」・・・とはいきません。
必ず1名付きっ切りでのご案内が必用です! 
ご案内スタッフ(無償ボランティア)が手配ができてからのご見学になりますよ。
譲渡会等で人手が不足の時ほど、案内スタッフが少しその場を離れた時に、不測の事故の可能性が増えます(咬まれた;;吠えられてびっくりしてけがをした;;猫に引っかかれた;;等)、事故の際には、緊急の通院付き添いでさらにお世話時間が延長になります・・・。
保護犬猫と人の安全のため、「事前予約なし」のご見学はお断りさせて頂いております


動物いのちの会いわて を支えて下さい

 
「動物いのちの会いわて」は、2000年から18年間で5000匹余の命をつないできました。
岩手県内を中心に活動する任意の動物愛護団体です。 当会には、上部団体(県内外含)も、支部等(県内外含)もございません。 
唯一独自、県内に地盤を置く唯一「岩手県の地元のボランティアによる保護施設を抱える動物愛護団体」ですよ。
「動物いのちの会いわて」は2009年夏に矢巾町から雫石町に完全転居いたしました。旧施設の場所は、住宅地になっています。ご注意願います。

当会の活動は、「任意団体」。 公的な援助は一切ありません
趣旨にご理解をいただける個人の「会費」と「ご寄付」、支援獣医師さんからのご支援「医療・ご寄付」
スタッフ個人の多額の「寄付(持ち出し)」「借入金」で犬猫を保護し治療をし譲渡を行っています。 
施設保護犬猫は緊急保護。
定期的な治療介護が必要な子が多く、人にも慣れていない子がほとんどです。
食事も「療法食」「強制給餌が必用」な犬猫を多く保護しています。
そこで安定した飼育環境と、ケアを行うために「有償スタッフ」数名を中心にボランティアさんと一緒にお世話しています。
代表を始め、事務譲渡スタッフは、全員「無償ボランティア」。交通費等も皆「手弁当」です。
「有償スタッフ(従業員)」さんの人件費を除いても、保護犬猫の治療費用だけで、毎月100万~。
家賃・光熱水費・フード代等は保護数に比例、毎月200万~・・・。
運営費は高額になっています。
1匹でも多くの飼い主さんのいない犬猫を助けるために、どうぞ会員さんになって活動を支えてくださいね。

モデルはすべて、会で保護した犬猫です。 保護施設、一時預かり宅での可愛いショット満載。

【カレンダーの購入でこんな援助ができます。】
* 1冊で1匹あたり6日分の餌代になります。    * 5冊で基本健康診断ができます。 
* 10冊で2回分のワクチン代になります。 
* 20冊で1匹の不妊去勢手術費用になります。 
 

お問い合わせ先

 

☎ 019-692-5920

FAX 019-691-1771

迄お願いします。

☎対応時間11:00~15:00

 FAX 24時間受信可

お問い合わせは

お問い合わせページから

TEL対応時間帯であっても動物のお世話等でお受けできない場合があります。ご理解の程お願い致します

 

譲渡会開催中

動物いのちの会いわてでは、新しい里親(飼い主)さんを募集する定例譲渡会を開催しております。
 
アニマルドネーション
「キモチをカタチに」人と動物の豊かな社会を目指す寄付サイト
「動物いのちの会いわて」は、アニマルドネーションの寄付先団体です。 
寄付先を「当会へ」指名してくださいね。
 

岩手大学・いのちのサークル「ねこの手」

 岩手大学の公認サークル!
アニマルシェルターでのボランティア活動、各種イベントへの出展や、学内での地域猫活動等を行っています。
当いのちの会シェルターの頼りになるボランティアさんです。